白内障とは

正常な眼 白内障の眼

眼はカメラに例えられます。
カメラで言うとピントを合わせるレンズの役割をしている部分を水晶体と呼びます。
この水晶体が濁ってしまい、光が眼の中に入りにくくなることで視力が低下する病気が白内障です。


白内障の症状

白内障では次のような見え方の異常が起こります。
痛みや充血などは起こりません。

  • ・かすんで見える
  • ・まぶしくなる
  • ・明るいところで見にくい
  • ・(片目で見て)2重、3重に見える

正常な見え方
正常な見え方
白内障の見え方
白内障の見え方


白内障の原因

ほとんどは加齢に伴う老人性白内障です。その他、外傷・アトピー・ステロイドの長期使用なども原因となります。

白内障の治療

1)薬物治療

白内障が軽度の場合には点眼薬で経過を見ます。ただし、点眼薬で白内障が治ることはなく、進行を遅らせることが目的になります。

2)手術

白内障がある程度進行し見え方に不自由が生じた場合には手術を行います。
水晶体はブドウの実のような構造で、水晶体嚢と呼ばれる透明な袋の中に中身が入っています。手術は水晶体嚢を残して濁った水晶体の中身を取り除きます。このままだとレンズが無くなる分ピントが合わなくなってしまうので、代わりとなる人工レンズを水晶体嚢の中に入れます。

白内障の見え方


よくあるご質問

視力がどの程度になれば白内障手術が必要ですか?
基本的にはご本人が不自由と感じたら手術を考えていただきます。視力が1.0あっても見にくくて手術を受けられる方もおられますし、0.5しかなくても困られてない方には手術をお勧めしません。
白内障手術には入院が必要ですか?
手術施設によりますが、一般的には日帰りで行うことがほとんどです。入院がご希望の方には入院可能な施設をご紹介します。
手術費用はいくらぐらいですか?
手術料に加えて手術に用いる薬剤料がかかります。片眼で大体1割負担で15000円、3割負担で45000円程度になります(あくまで目安です)。
白内障手術は生命保険などの対象となりますか?
加入されている保険によって異なります。詳しくは保険会社にお尋ねください。手術名は「水晶体再建術」です。
白内障手術をすると眼鏡は不要になりますか?
一般的には白内障手術は遠くも近くも眼鏡なしで見えるようにする手術ではありません。眼鏡なしで遠くが見える場合は近く用の眼鏡が、近くが見える場合には遠く用の眼鏡が必要になります。
どうしても眼鏡をかけたくない場合には多焦点眼内レンズを用いた手術があります。この手術は保険適応外ですので自費診療となります(価格は施設により異なります)。
白内障手術は両眼同時に行いますか?
施設によっては両眼同時手術を行っていますが、一般的には片眼ずつ数日空けて行います。
白内障手術の後に注意すべきことはありますか?
一番怖いのは感染です。感染を防ぐため、手術後数日間は洗顔、洗髪、力の入る作業などの制限がありますので医師の指示に従って下さい。